ケアンズから行けるグレートバリアリーフ・キュランダ鉄道と熱帯雨林、2つの世界遺産を抱えたケアンズのレストランやショッピング情報も満載!

スリル満点100%の爽快ラフティング

まず、ラフティングとはいったいどんなスポーツでしょうか?
「ラフティング(Rafting)」とは、英語でラフト(Raft)と呼ばれるゴムボートを使用して川下りをする、アドベンチャー要素の強いレジャースポーツのことです。特に急流(ホワイトウォーター)を下ってスリルを楽しむホワイトウォーターラフティングを指すことが多く、タリー川やバロン川で行われているのもこのホワイトウォーターラフティングです。12月から雨季に入ったケアンズでは、降水量が増すことによって川の水量も増すので、急流を下るスリル感も倍増しますよ!!まさに今がラフティングのベストシーズンです。ケアンズでラフティングのできる川は2つ。半日ラフティングのできるバロン川と、1日ツアーで行くタリー川があります。
以下: バロン川 半日ラフティングの写真
 <13:50 街にてピックアップ>
1024-P8200037
 <着いたらさっそくヘルメット、パドル、ライフジャケットを装備して出発!>
 1024-P8200010
<”ピラミッド”と呼ばれる最大の難関ポイントで流れに任せていざ下れ!!!>
1024-DSC_0078
1024-DSC_0124
<第二の難関ポイントへ!>
1024-DSC_0074
<カメラに向かってハイ、チーズ!>
1024-DSC_0077
1024-DSC_0078
<ラフティングの醍醐味!全身ずぶ濡れ!>
1024-DSC_0126
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

レビューを作成する

平均値:  
 3 件

めちゃ迫力があって楽しめました!

by かな on Blank Business Name

オーストラリアに来たらまた参加したいです( ´ ▽ ` )ノ

by ケン on Blank Business Name

ずぶ濡れになりつつ、存分に楽しみました!丁度いいスリル感です!

お勧めツアー

タリー川1日ラフティング

ケアンズから南に2時間下ったタリー川は激流下りで有名なラフティングの聖地です。世界的に有名なタリー川の激流でラフティングに挑戦しましょう。ライフジャケット装着オッケー!!ヘルメット装着オッケー!!パドルを受け取ったら、さあ激流へ漕ぎだそう。熱帯雨林の中を流れるタリー川で、自然が織り成す本物のアドベンチャーがあなたを待ち受けています。グレートバリアリーフ、キュランダと並んで大人気のこのツアーに、ぜひご参加ください。

バロン川半日ラフティング

ケアンズの町からすぐ目と鼻の先にあるバロン川は、『激流グレード3』の静かな川なので、老若男女を問わず気軽に参加できるのが魅力です。タリー川に比べると適度な急流が多いですが、ラフティングの面白さを十分実感できると思います。特に、 『ROOSTER TAIL』 と『CHEESE CHURN』という激流はスリリング。このポイントでカメラマンがスタンバイしていて、みんなのラフティングの様子を激写してくれます。 バロン川での約2時間のラフティングは、旅行日程に余裕がないけど、でも半日でいいからラフティングに参加してみたい方に超お勧めのツアーです。また、ラフティングと他のツアーを組み合わせたお得なパッケージもあります。熱気球やパラセイリング、乗馬など半日ツアーだから、組み合わせて1日を有意義に過ごせます。

ファミリーラフティング(英語ツアー)

ケアンズ近郊バロン川での半日ファミリーラフティング。バロン川河口で家族でのんびりラフティング体験してみよう!ラフティングボートは2人乗り、または8人乗りで参加人数に応じて変わります。

バロン川半日ラフティング(英語ツアー)

激流度3ですが、初めてラフティングを体験される方にはエキサイティングなツアーです。ケアンズからも車で30分ぐらいのバロン川での催行なのでお気軽に半日で体験できる。川の激流地点ではカメラマンがスタンバイしていてあなたの1日のベストショットを取ってくれる。

ワンポイント

日本では味わえない世界遺産レインフォレストでラフティングが味わえる!
とにかく水にびしょぬれになるので川に入るつもりで参加しよう

口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

レビューを作成する

平均値:  
 3 件

めちゃ迫力があって楽しめました!

by かな on Blank Business Name

オーストラリアに来たらまた参加したいです( ´ ▽ ` )ノ

by ケン on Blank Business Name

ずぶ濡れになりつつ、存分に楽しみました!丁度いいスリル感です!

コメントを残す